オープンナガヤ大阪2021

オープンナガヤ大阪2021_b0235528_23530359.jpg

毎年秋に開催されているオープンナガヤ大阪。
年に一度、あらためて長屋について深く考えさせられる日でもある。近年はこのご時世上オンライン開催となり、一日PCの前で長屋鑑賞が定番のスタイル。長屋三昧の一日から一夜明け、昨日のことを振り返ってみようと思う。(結構長いです)

ちなみに昨年はオープンナガヤ史上初のオンライン開催で、主催である大阪市立大学の学生さん達が撮影・編集した各参加長屋の紹介動画がYOUTUBEに公開され、家にいながらもいろんな長屋を見て回れるという画期的な変化があり、参加長屋は当日会場に貼り付けになり、他の長屋を見に行けないという長年のジレンマが意外な形で解消された。

さらに各先生方の講演会もあり、日本を飛び出し台湾の長屋リノベーションの現場中継というグローバルな視点や、大阪長屋の歴史を振り返って時間軸においても深く考えさせられ、パソコンの前に座ったまま食事やトイレに行くことさえはばかれるエキサイティングな2日間であった。

今年は長屋人と学生や先生が「長屋×住宅」「長屋×地域の居場所」「長屋×建築」の3つのテーマでトークセッションを行うという企画が組まれた。

名誉教授・藤田先生のお話は、オープンナガヤ大阪のこれまでの取り組みを振り返るよい機会になった。私達が初参加した8年前よりもっと以前からオープンナガヤは始まっていたのだが、オープンナガヤという活動は単なる長屋公開に留まらず、たくさんの人々を巻き込んでどんどん進化を遂げているように思う。

東北工業大学の不破先生のお話は、茨城の広大な敷地に佇む民家の風景がただただ懐かしくもあり「掃除」というだれにでもできる、だれとでもできる、まずはやってみるという姿勢から救えるストック建築はたしかにあるなあと深く共感した。「なんかいいな」のなにかを言語化することの大切さも痛感した。たしかに日々「なんかいいな」の連続であり、その根底にある思いに気付き言葉で表すことができたらさらに一歩広がる世界があると思う。

3Dバーチャルツアーもおもしろい体験であった。家具や暮らしの道具まで映り込まれた生活そのものの姿がアリの巣のように映し出され、その中に入っていくこともできる。説明を受け案内してもらっていると、行ったこともないのにそこの様子、構成がよくわかる。特に俯瞰してみた様子は、模型でもなく、写真でもなく、動画でもなく、ましてや図面でもない建物の新しい捉え方だと思った。

ところでわたしは「長屋×住宅」というセッションに参加した。発言する、発信するという機会があったのは、鑑賞するだけとはまた違ってより考えるきっかけになった。

大阪には古くから長屋の風景が当たり前にあり、今でこそそれも消えゆきつつあるが、その新旧入り交じった風景が時代の流れそのものを映し出している。時折光る古くてカッコイイ長屋はいかにも空き家になっていそうではあるけれど、〇〇不動産のチラシには当然載っていない。かくいう私達も今の長屋に出会うまで長屋は完全にノーマークで灯台下暗しであったが、とある長屋人とのご縁で大家さんを紹介してもらうことができた。古いから好きに改装してOK、なんなら二軒長屋を中でつなげてしまえばというありがたい提案まで頂いて、店舗兼住まいを探していた私達にとって長屋はうってつけの住まいであった。

職住一体の暮らしは子育てにもとても都合がいい。同じ空間のなかで家事と仕事を行ったり来たりもできる。移動時間のロスもない。

暮らし始めて気付いたことは、長屋は生活の境界がゆるやかであること。

こどもは外から楽しそうな子供の声が聞こえると自分も外に出て一緒に遊ぶ。窓の向こうの井戸端会議の会話だって大抵の内容は把握できる。そればかりかこちらの子供を叱るえげつない罵声も漏れているだろう。玄関を開ければ、通り抜けるのは風だけではない。視線だって気持ちよいほど裏庭まですーっと抜けていく。ありのままに暮らしが閉じていないという状態が慣れてしまうとじつは居心地がよく安心感さえあるのだ。

セッションの間にチャットで長屋に住むうえで脱炭素化社会についてどう思うかという質問があった。長屋はエアコンやヒーターをガンガン使わないでは過ごせない。そういう意味では気密性や断熱性能に優れたゼロエネ住宅にはかなわない。だけれども、じゃあ古くて性能の悪い長屋はどんどん潰してZEH住宅に建て替えましょうというのは違うと思う。ガソリン車の製造はやめて全部電気にしましょうというのも違うと思う。今ある資源を生かすという視点も大事にしていきたいのだ。

古くて小さくて弱々しい長屋をなんとか工夫してそれなりに快適に暮らす日々は愛おしくもある。
毎年春になると屋根から草が生え花が咲きだすのを見ると生命感さえ感じてしまう。
生きている長屋。

2021年11月21日 クラニスム/安藤友美

オープンナガヤ大阪2021_b0235528_23544533.jpeg


by KURANISMSTORE | 2021-11-21 23:03 | イベント

オーダーメイドの家具や修理、会津木綿プロダクトの企画製作、建築デザインと空間づくりをしています。


by クラニスム