古民家に三世代で暮らす。

b0235528_11104826.jpg

蔵のある日本家屋に三世代家族で暮らす。

伝統的な田の字型プランをL字型に間仕切り、それぞれが水まわりと玄関をもち独立しながらも、
内部に設けたドアひとつで行き来できる独立型二世帯住宅にリノベーションしました。

b0235528_11015416.jpg

親世帯と子世帯を間仕切る壁には遮音シートと吸音材を入れ、世帯間の音の問題に配慮しながらもライフスタイルの変化にあわせて将来的に壁を再び取り払うこともできるよう欄間や柱型を残し、麦わらを圧縮したボードで仕上げました。

b0235528_11021070.jpg
b0235528_11025523.jpg

b0235528_11530210.jpg
b0235528_11022996.jpg

【親世帯リビング/洗面/寝室】
母屋と蔵、それぞれに異なる趣きを残しながらも、各部屋は段差なくひと続きにつながっています。

b0235528_11001107.jpg

【子世帯リビング】
母屋には式台のある大きな土間がありましたが、
小さなお子さんには落下の危険性があって日常的に開放しづらく、
各部屋のつながりを遮り使いづらい空間でした。
そこで土間の一部を板の間にして、
キッチンや各部屋とガラス障子でつながるリビングにしました。

b0235528_11042470.jpg

b0235528_14395296.jpg

壁の一面にはとっておきのカラーを家族でペイントしました。
この壁にはみんなで一緒につくりあげた時間が埋め込まれ、
特別な味わいのあるお部屋になりました。

もともと住んでおられた子世帯の空間に、親世帯の住まいを加えるリノベーション。
こどもたちがこのドアから親世帯と子世帯を自由に行き来していたのが印象的でした。

子育て世代には夢のような扉…ですよね。

b0235528_11000137.jpg


by KURANISMSTORE | 2017-03-26 12:20 | 設計とリノベーション

暮らしの道具や家具から住まいに至るまで、愛すべき旧きよきものの再生をモットーに、昭和初期の長屋をセルフリノベーションしたアトリエにて、日本やヨーロッパのヴィンテージ家具や古道具、オーダーメイドの家具や修理、オリジナルの会津木綿雑貨などを取り扱っています。


by kuranism.com