「理容室させぼ」さんの看板


清水丘の「理容室させぼ」さんの看板が完成しました。

入口の屋根を新調するのに合わせて、
看板のご相談をいただいたのが今年の春。

完成した屋根とお店のイメージを継承しつつ、
新しい看板をどこにどのように設置するか
綿密に打ち合わせを重ねて検討してまいりました。

わたしたちが提案したのは、
新しい屋根の軒先にテントのようなフラッグのかたちを取り付け、
そのフラッグそのものを看板とすること。

ちょっと奇抜な提案に、紆余曲折ありましたが
綿密な打ち合わせの結果、
それでいくことになりました。

b0235528_00093186.jpg

フラッグサイズの検証から始まり、
フラッグをなにいろにするか。

床屋さんを象徴する「赤・白・青」もしくは「赤・白・緑」を検討しましたが、
イタリアンレストランにみえるかもしれない。

なら白1色でいくか。
さらに綿密な打ち合わせの結果、
24色のクレパスのイメージが浮かびます。

b0235528_00041850.jpg
させぼさんにも参加していただいて調色した12色が決まりました。

b0235528_00041645.jpg


決定した色をどんなふうに配列するか。

b0235528_00042001.jpg

配列が決まったら軒先にフラッグを取り付け。

b0235528_00042118.jpg

そして文字が入ります。

b0235528_00041692.jpg

ご近所の方々に見守られながら、

b0235528_00042158.jpg


完成しました。

b0235528_00134888.jpg
色とりどりのフラッグにはあるメッセージが込められています。
「理容室させぼ」さんが大切にしていること。
どんな意味かはさせぼさんにさりげなく聞いてみてください。

b0235528_00041828.jpg



by KURANISMSTORE | 2016-07-30 07:21 | 注文家具

暮らしの道具や家具から住まいに至るまで、愛すべき旧きよきものの再生をモットーに、昭和初期の長屋をセルフリノベーションしたアトリエにて、日本やヨーロッパのヴィンテージ家具や古道具、オーダーメイドの家具や修理、会津木綿プロダクトの企画製作をしています。


by クラニスム