鏡台が洗面化粧台に。

洗面をリフォームする上で、洗面台の選択肢はいくつかあります。
①既製の洗面化粧台ユニットを据え付ける。
②壁掛け洗面器をつける。
③造作する。
それぞれにメリットデメリットがあり、コスト・収納量・機能など何を優先させたいかが決め手になります。
b0235528_0263656.jpg
今回の洗面は、③の「造作する」タイプになりました。実はこの洗面台、元々は鏡台でお施主さんの嫁入り道具のひとつでした。↓
b0235528_1122242.jpg
リフォームの打ち合わせ中に、最近はあまり出番のない鏡台を何かに使えませんか?とご相談を受け…、ひょっとしたら洗面化粧台にできるかも!といういきさつでやってみることに。
b0235528_0263519.jpg
まずは鏡と机を分解して、この鏡台にしっくりくるベッセル型の洗面器をひたすら探しました。
b0235528_026362.jpg
水栓を選び、机に配管の穴を加工して、引き出しも全て使えるようにしました。

また、扉をあけたときに洗面室が最も美しくみえるよう、あえて正面に洗面台を配置しました。そのため、鏡の真裏に窓が。
b0235528_0263715.jpg
でも大丈夫。この鏡、左右にスライドできるように窓枠に仕掛けを施しました。これで窓の開閉やお掃除も今まで通りです。

身近にある大切な家具がカタチを変えてまた別な用途として再生しました。ちなみにキャスター付き、収納付きの椅子ももちろんセットで使えます。
by kuranismstore | 2014-12-24 23:51 | 注文家具

暮らしの道具や家具から住まいに至るまで、愛すべき旧きよきものの再生をモットーに、昭和初期の長屋をセルフリノベーションしたアトリエにて、日本やヨーロッパのヴィンテージ家具や古道具、オーダーメイドの家具や修理、会津木綿プロダクトの企画製作をしています。


by クラニスム